公開日:2020-06-07

<アボカドの6つのすごいパワー>

アボカド・・・【エネルギー187カロリー】【糖質0.9g 100gあたり】

1.オイレン酸

悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、高血圧を改善。動脈硬化、心臓病などを予防する。

2.グルタチオン

シミの元になるメラニンの生成を抑える美白作用があり、美肌を維持。活性酸素を除去して肌の老化を予防。

3.カリウム

カリウム含有量は全食品中トップクラス。余分なナトリウムの排出を促して血圧を下げ、脳卒中を予防する。

4.食物繊維

豊富な食物繊維が便秘を改善。老廃物が排出され肌トラブルも改善できる。ダイエット中の栄養補給にも最適。

5.ビタミンE

血流を促して新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを活性化。活性酸素を除去してシミやそばかすを防ぐ。

6.ビタミンB2

脂肪の蓄積を防いで脂質の代謝を促進。皮膚や粘膜を保護して、肌や髪、爪などの細胞の再生・成長を助ける。

<肌悩み別オススメ食材>

◆毛穴のつまりを改善

【ニキビ・吹き出物】

ニキビや吹き出物は、皮脂の過剰分泌による毛穴のつまりが原因。肌のターンオーバーを促すビタミンを多く含む食品がオススメ・

●摂るべき栄養素と食品別

ビタミンA:にんじん、ホウレン草、鶏レバー、うなぎ

ビタミンB群:卵、乳製品、豚レバー、ニンニク

ビタミンC:いちご、ブロッコリー、パプリカ

ビタミンE:いくら、たらこ、アーモンド

◆メラニンが大敵

【シミ・美白】

抗酸化作用と美白作用が高く、シミの元となるメラニンの生成を抑える働きがあるビタミンCやリコピンなどが含まれた食品を摂ること。

●摂るべき栄養素と食品別

ビタミンC:いちご、ブロッコリー、パプリカ

リコピン:トマト、ミニトマト、すいか、パセリ

L-システイン:大豆、高野豆腐、さば、ぶり

アスタキサンチン:さけ、いくら、エビ、カニ

◆皮脂の分泌を抑制

テカリ】

テカテカする原因の多くは男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌。脂っこい食べ物は避けて、皮脂の分泌を抑えるビタミンを摂取しよう。

●摂るべき栄養素と食品別

ビタミンB2:うなぎ、レバー、さば、いわし

ビタミンB6:レバー、赤身の魚、ピーナッツ

ビタミンC:いちご、ブロッコリー、パプリカ

ビタミンE:いくら、たらこ、アーモンド

◆肌にハリと弾力を

【シワ・たるみ】

肌の弾力や顔の筋力の低下が原因。肌にハリと弾力を与えてくれるコラーゲンやビタミンC、鉄分を摂取するようにしよう。

●摂るべき栄養素と食品別

コラーゲン:ゼラチン、牛筋、鶏の手羽先、大豆

ビタミンC:いちご、ブロッコリー、パプリカ、レモン

鉄分:レバー、パセリ、ひじき、海苔

 

カロリーは高いが、糖質は低いアボカド

「世界一栄養価の高い果物」としてギネスブックに認定されるほど豊富な栄養価を持ち、高カロリーなのに低糖質のアボカドです。

上記のようにいろんな効果があるのがアボカドです。

一日の食材にいれてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

次の投稿その他の記事を読む