公開日:2020-07-10

体脂肪率が高いとメリハリがつきづらい

標準体重なのに、なぜかスタイルがよく見えないと悩んでいたり、もしくは、昔と現在で体重があまり変わっていないのに、スタイルが悪くなったと感じる方がいたら、それは筋肉量の少なさ、減少が問題の可能性が大きいです。

 

きれいなボディをつくるためには?

すっきりとしたスタイルのよいボディをつくるためには、筋肉が必要。引き締まったヒップラインや上向きのバストも筋肉がなくてはつくれません。スタイルをよく見せるために必要な正しい姿勢にも筋肉が大切です。

せっかくダイエットをしても、筋肉が少なくメリハリのないスタイルになってしまうとしたら、ダイエットをする意味はあるでしょうか。

極端に食事をカットするなどの間違ったダイエットは筋肉量を減らします。

体重を減らすのではなく、体脂肪を減らすことに意識を切り替えて、体をつくるうえで最も重要なたんぱく質は必ず摂取してください。

体脂肪を減らす方法

体脂肪は、高タンパクで低カロリーな食事と運動(筋トレ・有酸素運動)で減らすことができます。

同じ身長・同じ体重でも中身が違う

以前と同じ体重でも見た目が全然違うのは、体の筋肉と脂肪の割合が違っているから。脂肪は筋肉よりも体積が多いので、同じ体重でもぼんやりとした印象になってしまう。

気にするのはBMIよりも体脂肪

外見を左右するのは体重よりも筋肉量や体脂肪率。家庭の体重計でも多少の誤差はありますが、体脂肪や筋肉量を測ることが出来ます。また、継続的に測ることで、長期的な変化傾向を見るのに役立ちます。

次の投稿その他の記事を読む