• Post Category:お知らせ

公開日:2020-04-26

 

今回のテーマは、皆さんが気になっていることだと思います!

よく多くの人から、「お酒は、飲んでいいですか?」「カロリー摂った分、おトイレしたらいいんじゃないの?」

って多く言われますが、いったいどうでしょうか・・・

 

私が勉強した中の考え方をお伝えしたいと思います。

 

参考にしてくださいね!


トレーニングとアルコールについて

 

トレーニングとアルコールについてですが

結構、ダイエットやトレーニングしてる人はお酒が好きな人が多くいらっしゃいます!!

仕方ないですよね!だっておいしいですもんね!

ただ、トレーニングしている人はできるだけ避けたほうがいいです!!

 

なぜか?というと・・・・

 

筋肉のたんぱく質を合成を邪魔してしまいます。

※筋肉の合成というのは、筋肉をつけているというイメージです

 

トレーニングして何時間で筋肉のタンパク質が合成されて筋肉が増えていこうとしている。

アルコールがあると筋肉を増やそうとする働きを邪魔してしまいます。

 

そのほかにもアルコールには、男性ホルモン【テストステロン】を減らしてしまいます。

 

逆に女性ホルモンを増やすということも分かっています。

 

ですので、女性の場合はアルコールを飲むことで女性ホルモンを増やすことなので、ちょっと女性っぽくなることになるかもしれません。

女性ホルモンとは?☜参考ページ

 

男性の場合、テストステロンが下がってしまって筋肉にはよくない状態になります。

 

実は、少量でもなってしまいますので、飲まなければ飲まないほうがいいという結論になります。

ただ、アルコールを飲むことによってストレス発散になるという方には、飲んでストレス発散した方がいいともいますが、飲まなくていいという方には筋肉のためには飲まないほうがいいと思います。

またアルコールは、肝臓にもあまりよくありませんので、気を付けたい点であります。

 

肝臓というのは、いろいろな栄養素を補給してくれるところでして、アミノ酸なども合成してくれているところでもあります。

肝臓の役割☜参考ページ

 


※アミノ酸の効果

ダイエッ卜効果

ダイエットの基本の1つとして体脂肪の蓄積を防ぐことが挙げられていますが、そのためにも体脂肪をなるべく燃焼することが大切です。アミノ酸の中でも特にダイエットに役立つアルギニン、プロリン、リジン、アラニンの4つは気になる体脂肪をどんどん燃焼し、体にたまった余分な水分を体外に排出する働きがあります。体脂肪が燃焼することで、気分がイキイキするとしています。
体脂肪が燃焼する時に欠かせないのが、脂肪分解酵素のリパーゼですが、ダイエットに効果があるアミノ酸はリパーゼの働きを活性化させることで、体脂肪を分解する能力を高めてくれます。その結果、分解された体脂肪が効率よく燃やされるように促され、ダイエット効果が期待できるというわけです。

 

アミノ酸役割☜参考ページ


 

 

まとめ

 

飲まなくていい人は、飲まない!

筋肉を落とすことで、基礎代謝が下がるため摂取カロリーも減っていきますよね!

運動を続けていくことで、お酒を飲んだ次の日のトレーニングと飲まなかった次の日で全然違うという声もいただきます。

なにごともほどほどにしておきたいですね!

 

本日の自宅で出来るトレーニングのご紹介です!

自宅待機期間で、なるべく身体を動かしていきましょうね!!

 

 

↑↑

上記をクリック

人気プログラムオンライントレーニングぜひ体験ください