公開日:2020-07-19

痩せるためにプロテインを活用することは、とても有効だということは、世間でも有名ですよね。

実は、プロテインは痩せる以外にもうれしい効果があるのはご存知ですか?

プラスアルファの効果を知ることで、ダイエットのモチベーションにも繋がります。

免疫力がアップ

プロテインに含まれているたんぱく質には、酵素やホルモンなど身体の機能を調整する働きがあり、不足すると免疫機能が低下し抵抗力が下がり、さまざまな病気にかかりやすくなることもあるほど重要な成分です。

プロテインで十分なたんぱく質を摂取することで、免疫の機能を正常化させることができます。

メンタルが安定し、ぐっすり眠れる

たんぱく質には、セロトニンやメラトニンなどの脳内分泌液の循環を補助する働きがあります。

セロトニンじゃ、ストレスを緩和し心のバランスを整える働きを持つ幸せホルモン。

メラトニンは、セロトニンから作られ、質の高い睡眠をもたらす睡眠ホルモンです。

たんぱく質によって脳内分泌液の循環をスムーズに補助することで、気持ちも落ち着き、睡眠の質も向上します。

疲労回復効果

たんぱく質には疲労を回復させる働きがあり、なかでもたんぱく質を構成するアミノ酸であるBCAAには、筋合成を促す作用と筋疲労を回復させる作用があり、肉体の疲れを解消してくれます。

また必須アミノ酸のトリプトファンは、脳疲労にも効果的です。

肌や髪がつやつやに

たんぱく質は、私たちの筋肉や内臓、肌や髪、爪に至るまでほとんどの部分に含まれています。

しかも、皮膚のハリや弾力を生み出すコラーゲンとエラスチンはどちらもたんぱく質で構成されている。

加齢による肌の衰えは、コラーゲンやエラスチンが破壊されて弾力を失ってしまうのと同時に、たんぱく質不足による乾燥やたるみによるものだと考えられています。

 

注意ポイント

たんぱく質には消費される優先順位がある。

たんぱく質を十分摂ることで、うるおいのある肌やつややかな髪を手に入れることは可能ですが、体の表面の皮膚や髪、爪などの組織形成にまで至る前に、内臓や血液の組織形成など生命維持に関わる部分が優先されます。

そのため、美容効果を狙うには、プロテインによって十分なたんぱく質を摂る必要があります。

 

次の投稿その他の記事を読む