公開日:2020-06-28

毎食絶対にタンパク質を欠かさずに摂る

きれいに痩せるためには「単に食べる量を減らせばいい」というわけではありません。

極端な食事制限では、筋肉が大幅に減ることで基礎代謝も減少し、リバウンドの危険性が高まるためです。

理想はできるだけ筋肉量を落とさずに体脂肪を減らすこと。

そのためには、朝・昼・夜に毎食十分な量のたんぱく質を摂ることが絶対条件です。

1日で考えると、肉と魚を200g、卵1~2個、納豆や豆腐などの大豆製品を使ったレシピを2~3品摂れればOKです。

朝は睡眠中に分解された筋肉を取り戻すため、筋肉がつきやすい動物性たんぱく質がおすすめです。

●オススメメニュー

トースト+ハムエッグ+ヨーグルトなど

 

最強に痩せる!1日の献立例

★献立の例

◎朝食

●トースト

●ハムエッグ

●ヨーグルト

トーストに目玉焼きとハムをプラス。ヨーグルトの上澄みはホエイという良質なたんぱく質なので、一緒に摂取すると◎!!

タンパク質源のおかずを2品以上組み合わせる。

和朝食はタンパク質が不足しがち。納豆や卵、チーズ、牛乳などをプラスするとバランスがよくなります。

◎お昼

・ステーキ

・サラダ

・ご飯(少なめ)

主菜がメインのプレートランチで動物性たんぱく質を補給。カロリー過多になる場合は、ご飯の量を控えめにして糖質を調整しましょう。

迷ったら動物性たんぱく質を摂る。

パスタなどの麺類を食べる場合は、具だくさんのものを選択しましょう。

◎夜

・鮭のホイル焼き

・野菜スープ

活動量の多くない夜は主食を抜いて糖質を控えめにしましょう。

その代わりにタンパク質をしっかりと摂りましょう。

朝と昼を振り返ってバランスを取る。

朝と昼に摂取したものが肉メインであれば魚料理を選ぶなどバランスを整えましょう。

大豆製品もあと1品というときに取り入れやすいです。

 

次の投稿その他の記事を読む