公開日:2020-07-02

 

筋トレ好きな人は、よくBCAAを飲んでいますよね!

皆さん、聞いたことありますか?

私もジムでBCAA飲んだほうがいいですか?ってよく聞かれます。

今回この記事を書いてみましたので、皆様の悩みを解消していきましょう。

BCAAとは何か?

BCAAとは必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの総称で、筋肉の合成を高めたり、分解を抑える働きがあります。ロイシンは筋肉細胞内の遺伝子に特に強く働きかけることから、積極的に摂りたいアミノ酸です。

 

BCAAのメリット

・筋肉を構成する役割が35%と筋肉づくりに極めて大きな役割を果たす。

・素早く筋肉で代謝されるので肝臓に負担がかからない。

【3つを総称してBCAA】

●ロイシン

●バリン

●イソロイシン

ロイシンが多く含まれる食材

BCAAのなかでも特に注目されているアミノ酸がロイシンで、ほかのBCAAよりも強く筋合成のスイッチをオンにする作用を持っています。

ロイシンを多く含む食材

●ほっけ

●しろまぐろ

●高野豆腐

●鶏むね肉

●かつお

 

ロイシンには、筋肉細胞内の遺伝子に筋肉を合成するよう指令を伝える物質「エムトール」を活性化させる働きがあります。

運動時にロイシンを含むタンパク質を取ると、エムトールが活性化され、より多くの筋肉が合成されます。

筋肉のためにアミノ酸をとることは、非常に大切になってきます。

 

アミノ酸をうまく活用して、筋肉を合成させていきましょう!!

 

次の投稿その他の記事を読む