• 投稿カテゴリー:コラム / 食事

公開日:2020-08-16

喉が渇いていても炭酸飲料はできれば避けよう!

喉が潤したい気分の時、つい炭酸飲料に手を伸ばしたくなるとことがありますよね。

炭酸飲料500mlには大量の糖分が含まれています。せっかく食事で糖質制限をしても炭酸飲料で糖分を大量に摂ってしまっては意味がありません。

 

喉を潤すための飲料水

喉を潤すだけであれば、水やお茶を選びましょう。

炭酸飲料を飲むと大量の糖質を口にしてしまうことになる!!

 

炭酸飲料の成分

糖質56g

角砂糖にすると約16個分の糖質!!

これを一気に食べてると思うとどうでしょうか?

液体の中に溶けると飲めてしまうものなので気を付けましょう!!

 

スポーツ飲料には騙される

スポーツ飲料はヘルシーなイメージがあります。夏場は水分補給のために飲む人が増えます。

体液に近くなるようにするため、スポーツドリンクは大量の糖分と塩分が含まれています。

スポーツをしていない、デスクワークの人は、水かお茶を選びましょう。

 

スポーツドリンクは、角砂糖約9個分の糖分があります。

 

まとめ

飲料水には、大量の糖分があるため、気を付けて飲みましょう。

一日の摂取数を大幅に超える可能性が高いです。

特にエネルギーを欲しがっているときに飲むと脂肪に変えるスピードが早くなります。

気を付けて飲みましょうね!