公開日:2020-05-30

 

【太る!生活習慣病リスト!】

▢ご飯やパンなどを主食で食べる

▢フライドポテトのいも類が好き

▢毎日野菜ジュースを飲んでいる

▢煮物などの和食が好き

☑焼酎よりビール派

▢牛乳は体にいいから水代わりに飲む

▢油は極力控えている

▢ファーストフードはやめれない

▢どか食いしてしまう

 

お酒の飲み方について解説していきます。

以前にもお酒と筋肉についての関係性をお伝えしました。

ダイエットとお酒は、あまり向かないことは確かです。

しかし、禁酒を急にすることは、不可能な人が大半だと思います。

そんな方にオススメのお酒の飲み方をお伝えします。

【糖質オフなら禁酒する必要はない?】

「禁酒をするくらいなら痩せなくても構わない」そんな声も聞こえてくるほど、お酒が好きな人にとって禁酒は大変なもの。糖質オフはお酒を飲みながらダイエットをしていきます。

もちろんどんなお酒を飲んでもいいというわけではありませんが、次に紹介する焼酎やウィスキー、ブランデーならOKです。

ただし、飲みすぎには注意です。

<蒸留酒とは?>

仕込み(水、原料、麦、いもなど)→醸造(醸造酒)→蒸留(アルコールが気体になる・取り出して冷却)

米やいもが原料であっても糖質を含まない


「醸造酒」

米やいもが原料:【日本酒】

ぶどうが原料:【ワイン】

麦芽原料:【ビール】

「蒸留酒」

米やいもが原料:【焼酎】

ぶどうが原料:【ブランデー】

麦芽が原料:【ウイスキー】


原材料は、あまり関係ない「醸造酒」に注意!

ビールなどの糖質オフはNGです。なぜかというと蒸留酒か醸造酒かの差にあります。蒸留酒とは、醸造酒を女流して作ったお酒のことで、気化させたアルコール部分のみを抽出しているので、たとえ原材料が米や麦芽であっても糖質を含みません。血糖値を上げることもありませんから、安心して飲んでいいお酒といえます。

蒸留酒を飲むときは、水割りかお湯割り、炭酸割りなどで飲むのがポイント。

糖質を含む割りもので飲むと意味がないので、注意しましょう。どうしてもビールが飲みたいという方は、糖質オフ発泡酒を選びましょう。

醸造酒と蒸留酒のほかに、混成酒と呼ばれるものがあります。

これは醸造酒や蒸留酒に香料や糖に加えて作ったお酒のこと。梅酒やリキュールなどがこれにあたり、醸造酒よりもさらに糖質が多い場合があるので、糖質制限中は避けるようにしましょう。


太るお酒と太らないお酒

『全て100mℓ』

●ウイスキー:237カロリー 糖質:0.0g ・・・ 

●焼酎:146カロリー 糖質:0.0g ・・・

●ジン:284カロリー 糖質:0.1g ・・・

●辛口ワイン:73カロリー 糖質:1.5g ・・・

●日本酒:109カロリー 糖質:4.9g ・・・

●ビール:40カロリー 糖質:3.1g ・・・

●梅酒:156カロリー 糖質:20.7g ・・・

●カクテル(カシスオレンジ):72カロリー 糖質:11.3g ・・・

●サワー(レモンサワー):43カロリー 糖質:3.5g ・・・ 


酔いが回ってからのおつまみに注意

酔いすぎて、一緒に食べるおつまみには注意が必要です。

締めのラーメンやスイーツを食べていたら、お酒を注意していても全く意味がありません。

焼き鳥やスルメや枝豆といった低糖質なつまみを選んでください!


 

まとめ

お酒は、ある程度ほどほどがいいでしょう。なぜなら、飲みすぎると食べ物を欲しがり、つい食べてしまうことが多いからです。

ジムに来ているお客様も非常にその傾向が強いですね!

とにかく無理なく、自分のペースでダイエットをすることが一番の近道です。

過度な減量をすると、取り返しのつかないことになりますよ!

 

YouTubeしていますので、チャンネル登録お願いします。

次の投稿その他の記事を読む