公開日:2020-05-31

 

毎日忙しい日々を過ごされていますよね。

私も毎日忙しいと思い込んでいます。

なんだかんだしていたら、あっという間に夕方になって、いつの間にかお布団に入る生活ですよね。

上司から怒られたり、取引先に何か言われたりして、本当にストレスが溜まりますよね!

そんなときに少しでも解消できるようにアドバイスを出来ればと思います。

ストレスを感じたらビタミンCを摂りましょう!!

<ビタミンCの働き>

1.抗酸化作用

「活性酸素を除去しシワ・シミ・生活習慣病を予防する」

体を酸化させてしまう活性酸素を除去する働きがあり、肌が老化するのを食い止めてシミ・シワを予防する。

高血圧や動脈硬化、心疾患など生活習慣病も防いでくれる。

2.コラーゲンの生成作用

「皮膚や粘膜を丈夫に保ち美肌&若返り!」

細胞と細胞を結びつける働きがあるコラーゲンの生成を促して、皮膚や粘膜を正常に保つ。肌にハリと弾力を与えていきいきと蘇らせる若返り効果も期待できる。

3.抗ストレス作用

「免疫力をアップし病気をしにくい体に!」

粘膜の健康を維持して免疫力を高め、病気に負けない体づくりをサポート。ストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンの生成を促す働きもあり、ストレスを緩和する。


「1日の摂取量目安は男女共に100mg」

(妊婦+10mg、授乳期+45mg)

不足すると抵抗力が弱まり風邪をひきやすい

「ビタミンCが不足すると抵抗力が下がるので意識的に摂り込むことが必要。ただし、過剰に摂取しても尿として排出されるため、成人は1日あたり100mgの摂取量が目安。


意外と知らないビタミンCの効果

ビタミンCときくと、美容と健康に良いイメージがありますが、実際にどのような働きをするのかは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

ビタミンCは幅広い役割を持つ栄養素ですが、なかでも注目を集めているのが抗酸化作用です。

体内の活性酸素を除去して細胞の状態を正常に保ち、シミやシワを防いで、生活習慣病予防にも効果を発揮します。

同様に強い抗酸化作用を持つビタミンEを一緒に摂ると、相乗効果が働き、その作用をより強めることが出来ます。

美容とも関連の深いコラーゲンの生成をサポートする働きもあり、皮膚や粘膜を健やかに保ち、肌のハリや弾力を維持して若々しい肌へと導きます。

ビタミンCの働きで意外と知られていないのが、抗ストレス作用です。私たちの体はストレスを受けると、それに対抗するために分泌します。ビタミンCには抗ストレスホルモンの生成をサポートする働きがあり、ストレスを緩和する効果も認めれています。

 

ストレスを感じたらビタミンCを補充

ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンのため、体内にたまらず、尿として出ることが多くあります。

ですので、一日コツコツ摂ることが大切です。

ビタミンCは喫煙やストレスによって大量に消費されることが報告されています。

ストレスを感じている人は、ビタミンCを摂りましょう。

 

ビタミンCを多く含む食材

🔳摂り方のポイント

①3食の合計で100mgになるように摂る

②長時間水にさらさない

③加熱せず生のまま食べる

④ビタミンCとEをセットで摂る

◆アセロラ1700mg

◆ピーマン76mg:1日2個目安

◆ブロッコリー120mg;1日2分の1目安

◆じゃがいも35mg:1日5個目安

◆芽キャベツ160mg:1日、中5個目安

◆パセリ120mg:1日100房目安

◆キウイ69mg:1日1個目安

◆いちご62mg:1日10個目安

◆レモン100mg

 

まとめ

ビタミンの効果いかがでしたでしょうか?

ビタミンを摂るとストレス軽減になりますので、一度試されてみてはいかがでしょうか?

 

他のブログもぜひ読まれてくださいね!(^^)

 

YouTubeもやっています!

次の投稿その他の記事を読む