• 投稿カテゴリー:コラム / 食事

公開日:2021-05-21

 

夏に旬を迎える野菜の一つが、「トウモロコシ」。甘くて美味しいですよね。実は、トウモロコシにはダイエットに役立つ働きがあるのです!

 

茹でるだけで食べられるトウモロコシは、朝食にもぴったり。

「朝トウモロコシダイエット」で、この夏はスリムボディを手に入れませんか?

 

トウモロコシで代謝アップ!

 

トウモロコシは甘さがあるので、高カロリーだと思われるかもしれませんが、茹でたトウモロコシ1本の可食部(175g)のカロリーは173kcalです。一般的なごはん1膳(160g)分のカロリー269kalと比べると、ぐっと少なめ。

 

タンパク質、脂質、糖質の3大栄養素がバランスよく含まれていて、朝のエネルギー補給にぴったり。また、ダイエットには欠かせない、脂質や糖質の代謝に関わるビタミンB群も豊富に含まれています。

 

体に余分なものを溜め込まず、代謝してくれるので、ダイエットにおすすめの食材なのです。

 

トウモロコシで便秘解消!

 

ダイエットの大敵といえば「便秘」。お腹ポッコリや肌荒れの原因にもなりますよね。トウモロコシには、セルロースという不溶性食物繊維が含まれています。腸を刺激してぜん動運動を活発にし、便通をスムーズにする作用があります。

 

ただ、トウモロコシはよく噛まないと消化に時間がかかり、腸に負担がかかります。トウモロコシに限らず、ダイエットには、よく噛むことが大切。一口30回を目安によく噛んで食べるようにしましょう。

 

「朝トウモロコシダイエット」の方法

 

トウモロコシは前日の夜に茹でておき、熱いうちにラップで包み、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておきます。翌朝は冷蔵庫から取り出せば、冷たくて甘いトウモロコシがすぐに食べられます。忙しい朝に便利な朝食ですね。

 

トウモロコシ1本でタンパク質、脂質、糖質、食物繊維やビタミン、ミネラルが摂れるので、置き換えダイエットとして、朝食はトウモロコシだけにしてもよいでしょう。それだけでは物足りない場合は、ご飯やパンの代わりにトウモロコシを食べでも。

 

まとめ

トウモロコシは、若返りビタミンと言われるビタミンEも豊富。抗酸化作用があり、美肌作りにも役立ってくれます。夏が旬のトウモロコシを食べて、スッキリ美人を目指しましょう!